福山循環器病院の紹介

心臓血管外科循環器内科麻酔科看護部放射線課臨床工学課|臨床検査課
生理検査課栄養管理課薬剤課リハビリテーション課

臨床検査課

臨床検査課は患者さんから得られた血液・尿など(これらを検体と言います)の成分や化学物質を最新の機器を 使って分析し、診断治療の方針を決定するために迅速かつ正確なデータを提供しています。基本的な項目は院内で分析しており、その結果は全て電子カルテを通じて関係部署に提供しています。

当院は、臨床検査データの信頼性を維持管理するために「精度保障施設認証」を取得しており、「標準化を実践し、精度が十分保たれている施設」として認証されています。

一般検査

尿、便、体液などの細胞成分や化学的検査をします。体のどこかに異常があると不要物が排出されたり、排出されてはならないものが尿に混じったりします。このような異常を見つけるために、尿中の成分や性質、量などを調べます。

尿検査

尿は腎臓で血液より作られ、全身の状態を反映します。検査室に提出されると、pH、蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、ビリルビン等を測定します。異常が見られた場合、尿を遠心分離して、沈殿した成分を顕微鏡で観察します。どのようなものが見られるか、またどれくらいの割合で見られるのかを調べます。たかが、おしっこ、されどおしっこ、検査において尿検査はとっても大切な検査なのです。

便検査

私たちが食べた物は、胃や腸などの消化管を経て栄養分や水分が消化吸収されて不用になった部分が便として排泄されます。 胃や腸に異常があると、正常では見られない成分が便に混じってきます。したがって便を調べると胃や腸などの消化管の病気を見つけるのによい手がかりとなります。

血液形態検査

形態検査

血液中には、赤血球、白血球、血小板が存在します。赤血球は酸素を運搬し、白血球は体内に細菌や異物が侵入すると、それを分解・無毒化します. 血小板は、外傷などで損傷した血管を修復する働きがあります。これらの数を計測する検査(血球算定検査)と、白血球をいくつかの種類に分類する検査(白血球分類検査)に分かれます。

凝固検査

血液中には細胞成分だけでなく、血液を固まらせたり(凝固系)、凝固した血液を再び溶かしたりする成分(線溶系)があります。当院では人工弁置換術後や心房細動などがある場合、血栓ができないように凝固系検査をして、ワーファリンの服用量をコントロールしています。また線溶系検査は静脈血栓塞栓症の指標に用いています。

生化学検査

体内に含まれている化学物質を分析し、体の状態や病気の程度を調べる検査です。調べたい臓器によって検査項目が違ってくるので、これらの検査を組み合わせることで、何という病気かを診断していきます。 酵素、タンパク質、糖質、電解質、ホルモンなどを、化学反応、酵素反応、免疫反応、電気泳動法などの様々な反応を利用して測定していきます。当院では、心臓に関する検査はほとんど院内検査となっています。検査開始後、検査項目によって異なりますが結果が出るまで、約15分〜30分かかります。

主な検査

  • 肝機能検査(AST,ALT,γ-GTPなど)
  • 腎機能検査(尿素窒素、クレアチニン)
  • 糖尿病検査(血糖、HbA1c、尿糖など)
  • 脂質検査(コレステロール、中性脂肪、HDL-C、LDL−Cなど)
  • ホルモン検査(FT3、FT4、TSHなど)
  • 心機能検査(BNP、トロポニンI、ミオグロビンなど)

免疫検査

人間の体には、細菌やウイルスなど異物(抗原)が侵入してくると,それに対抗する抗体を産生し自分の体を守ろうとする働きがあります。抗体が出来ると、再び細菌やウイルス(抗原)が侵入したとき、抗原にくっついてやっつけようと働きます。この仕組みを免疫といい、抗原と抗体が結びつくことを抗原抗体反応といいます。この抗原抗体反応を利用して、血液中に感染によって生じた抗体があるかどうかを調べ、病気を診断する検査です。

主な検査

  • HBs抗原、梅毒TP抗体、HCV抗体、CRPなど

輸血検査

血液型・交差適合試験
抗体スクリーニング検査

一般に知られているABO型、Rh型ですが、血液型にはこの他にもいろいろな型があり、輸血をする場合に、交差適合試験を行い、患者さんの血液と輸血する血液とが適合するかどうかを確認します。 当院内において使用する輸血用血液製剤の発注、保管、管理、自己血など輸血に関するものは検査課で一元管理しており、輸血が必要な方に適合した血液製剤を供給するために、24時間呼び出し体制で行っております。コンピューターによる血液製剤管理、適合のチェックや、血液型の再確認なども併せて行い、輸血ミス防止に努めております。

細菌検査

細菌培養、同定検査

人間がかかる感染症の大部分は細菌によるもので、あらゆる臓器が感染を受けます。細菌が体内に侵入して感染が成立すると発熱、痛み、腫れなどの症状が現れます。こうして感染を受けた臓器の分泌液や血液などから病気の原因となっている細菌(起炎菌)を検出する検査です。

薬剤感受性検査

病気の原因となる細菌が確認されたら、治療に有効な抗生物質や化学療法を選ぶためにその細菌の各種薬剤に対する効き目を検査し、治療の指針とします。

外来・病棟の採血業務

電子カルテよりオーダーされた検査は、検査システムのPCに予約として項目が電送され、検査項目に応じた採血管がバーコードラベルを添付されてBC-Laboより排出されます。

外来は受付をすませるとオーダーが電送され項目を確認して採血をしています。(外来は臨床検査技師と看護師で採血業務を行っています。) 病棟は前日用意した採血管で朝7時から病室をまわり採血しています。


ページの最初に戻る