1. トップ
  2. 診療案内
  3. 循環器専門センター
  4. 低侵襲治療センター

低侵襲治療
センター

TAVIの次の日は歩こう

低侵襲治療とは、手術に比べて、患者さんの体に対する侵襲(負担)を減らした体に優しい治療方法です。体力がなく従来の手術が難しかった方、合併症をお持ちの方、高齢者の治療が可能になる場合もあります。

センター長からのメッセージ

当センターでは、低侵襲治療としてTAVI(経皮的大動脈弁置換術)・WATCHMANを使用した経皮的左心耳閉鎖術を行っています。
TAVIは2015年12月にスタートして現在7年目で今年には300例をむかえる予定です。
まだTAVIは新しい治療といった印象はありますが、当院では安全・安心に手術が行える万全の体制が整えられていますので困った際にはお気軽に相談して頂ければと思います。
また2021年からはWATCHMANを使用した経皮的左心耳閉鎖術も開始し、こちらも現在まで合併症なく手技を終了しており、心房細動に対する抗凝固薬の影響で出血の危険性が高い患者様でお困りの際は相談して頂ければと思います。

そして今年2022年は念願の経皮的僧帽弁クリップ術(Mitraclip)が導入予定です。
今まで治療が困難であった患者様により良い治療が提供できるように当センターもより一層研鑽を積んでまいります!

循環器内科 低侵襲治療部センター長 佐藤克政

患者さんへ

当院における低侵襲治療の充実をはかることで、より良い治療を地域の患者様に提供できますよう準備しております。
もし循環器疾患で困ったことがありましたら是非ご相談ください。