1. トップ
  2. 診療案内
  3. 循環器専門センター
  4. ハートリズムセンター

ハートリズムセンター

不整脈疾患の専門チーム

医師、看護師、臨床工学技士、臨床検査技師、薬剤師などのスペシャリストが「不整脈」治療に携わっています。

センター長からのメッセージ

ハートリズムセンターが取り扱う疾病は「不整脈」です。

不整脈とは整っていない脈と書きますが、実際には整った脈の「不整脈」もあります。
走ったときには脈は速くなりますし、ゆっくり休んでいれば脈は遅くなるように、その場に応じた速さの脈を打つのが正常な脈です。
しかし、それとは違う速い脈(頻脈)、遅い脈(徐脈)、脈の乱れなどを「不整脈」と言います。

不整脈の中には命に関わるものから、徐々に悪くなっていくもの、出ていても問題ないものまで様々です。

ハートリズムセンターではこのような様々な不整脈に対し、外来での診療から、入院での治療まで行います。

外来では、長時間心電図や負荷心電図、加算平均心電図などの検査で診断を行い、入院治療もしくは外来での薬物治療が必要かを判断していきます。
入院治療になった場合は、カテーテルアブレーション治療や植込み型デバイス治療などを行います。
カテーテルアブレーション治療は、主に頻脈に対して行われ、近年では根本的な治療として多く採用されるようになっています。
植込み型デバイスとしては、徐脈に対してはペースメーカー、心室頻拍や心室細動といった極端に速い脈に対しては植込み型除細動器(ICD)を使用することもあります。

アブレーション治療や植込み型デバイスについては今現在使用できる最新の治療機器を使えるようにしています。日進月歩の治療方法を日々アップデートしながら、治療を行っていく所存です。

循環器内科部長 平松茂樹

患者さんへ

急に脈が速くなりドキドキしたときや症状が無くでも脈が飛んでいることに気がついた場合など、とても不安になると思います。とはいえ入院治療が必要だと言われた場合も不安になると思います。治療法についてはいくつか選択肢がある場合も多いので、相談の上、個々に最も適した治療を決めていきますので安心して受診して下さい。