1. トップ
  2. 診療案内
  3. 循環器専門センター
  4. フットケアセンター

フットケアセンター

第2の心臓を守る

フットケアセンターでは、末梢動脈疾患の治療を中心に、足病変の早期発見、治癒、再発予防を専門職医療チームで行っています。

センター長からのメッセージ

一般に足の治療に関して、整形外科や皮膚科をイメージし、循環器科が治療にあたるイメージは少ないと思います。
しかしながら、足は第2の心臓とも呼ばれ、身体の血液循環の中でとても重要な役割を果たしています。

また、近年の糖尿病を中心とした生活習慣病や高齢化により、動脈硬化症疾患(心筋梗塞・脳梗塞など)の一つとして手足の血液に動脈硬化が起こることで血管が狭くなってしまい、血行障害を起こしてしまう「末梢動脈疾患」にかかる方が増えており、透析中の方にも非常に多いことが知られています。

当院では、通称「足チーム」として、多職種で定期的なカンファレンスを行いながら、足病変の治療に当たっており、さらに高い専門的知識とケアを行うために、「フットケア指導士」の資格をもった看護師を中心に外来においても専門的なフットケアを行っております。

フットケアセンターとして院内のチームだけでなく、近隣の透析施設、整形外科、皮膚科などとも連携し、より良い医療を提供してまいります。

循環器内科病棟(ICU)医長 谷口将人

患者さんへ

歩くと足が痛くなる、足の傷が治らない、このような症状があった場合はぜひご相談ください。
当院では、「より質の高い、患者さんにやさしい」治療を提供できるようにスタッフ全員で取り組んでまいります。