福山循環器病院の紹介

心臓血管外科循環器内科|麻酔科|看護部放射線課臨床工学課臨床検査課
生理検査課栄養管理課薬剤課リハビリテーション課

麻酔科

心臓・血管外科手術が安全に行われるように、患者さんの痛みだけでなく不安や不快感を最大限に取り除けるように、細心の注意を払い麻酔管理を行っています。

麻酔とは、痛みをとる(鎮痛;Analgesia)事だけではなく、不安を取り除くための鎮静(Amnesia)、安全な治療の妨げとなる不意の運動を抑える筋弛緩(Akinesia)・有害反射の抑制(Abolition of autonomic reflexes with maintenance of homeostasis)といった要素から成り立っています。

また、周術期(手術前と手術後)には医師・看護師だけでなく専門の理学療法士・臨床工学技士と連携し、不安を少なく、安全に手術を終え、早期の離床を目指すためのチーム医療を行っています。

医師の紹介

麻酔科 皆木有希(みなぎゆき)

経歴

平成21年 広島大学医学部卒業
平成21年 広島市立安佐市民病院
平成25年 広島大学医学部附属病院
平成26年 県立広島病院
平成27年 土谷総合病院
平成29年 福山循環器病院

資格・認定
  • 日本麻酔科学会 専門医
  • JB-POT

麻酔科(非常勤) 佐藤理菜(さとうりな)

経歴

平成15年 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年 聖マリアンナ医科大学病院
平成19年 倉敷成人病センター
平成27年 福山循環器病院

資格・認定
  • 日本麻酔科学会 専門医

 


ページの最初に戻る