福山循環器病院の紹介

心臓血管外科循環器内科麻酔科看護部放射線課|臨床工学課|臨床検査課
生理検査課栄養管理課薬剤課リハビリテーション課

臨床工学課

臨床工学技士という職種をみなさんご存知でしょうか。近年、医療現場では数多くの医療機器が使用されており、医療技術の向上はそれら多くの医療機器の進歩の上に成り立っていると言っても過言ではありません。目まぐるしく進歩を続ける医療技術の中で1987年に医療機器のスペシャリストとして臨床工学技士という職種が誕生しました。
当院の臨床工学技士は、手術室、カテーテル室、透析室などで、医師の指示の下、生命維持装置の操作および保守点検を行っています。
また夜間や休祝日、時間外等においても、24時間 365日 呼出 体制で対応しています。
医師をはじめ他の医療スタッフと共に、チーム医療の一員として、常に患者さんが 安全かつ高度な医療サービスを受けられるよう、日々業務に励んでいます。

手術室

人工心肺装置は心臓・胸部大血管の手術において、心臓のポンプ作用を代行して全身の血液循環を保ち、肺の代行として血液のガス交換を行う生命維持管理装置です。
手術室での業務はこの人工心肺装置の操作をメインとし、その他に心筋保護装置 自己血回収装置等の操作・保守・点検を行っています。
また2015年4月より、ハイブリットルームの造設に伴い、ステントグラフト内挿術(TEVAR,EVAR)、経カテーテル大動脈弁治療(TAVI)など新しい治療法でも業務を担当しており、体外循環業務のみならず手術室業務全般に携わっています。

人工心肺操作

経カテーテル大動脈弁治療 (TAVI)

透析室

血液透析とは、機能の低下した腎臓に代わり、老廃物の除去、電解質バランスの調整水分量の維持を人工的に行う治療法です。
当院の透析室は4床で、血液透析導入目的の患者さんや、循環器疾患で入院された維持透析患者さんを中心に血液透析を行っています。
心不全を伴った患者さんが多く、適切な体液バランスが維持できるよう尽力しています。

血液透析

持続血液浄化療法

カテーテル室

カテーテル室での業務内容には、虚血業務と不整脈業務があります。
虚血業務では、主に各種造影検査や血管内治療に携わっています。
検査においては、ポリグラフによる生体情報のモニタリング、検査に伴う周辺機器の操作や検査情報の記録、物品出しを行っています。また治療においては検査時の業務に加え、IVUS等の各種イメージングモダリティの解析・計測を行い、Rotablatorなどの治療機器の操作や、また急変時にはIABPやPCPS、人工呼吸器といった、生命維持管理装置の操作も担当しています。

FFR (冠血流予備量比) の計測

IVUS (血管内超音波) の解析

不整脈業務では、主にアブレーション治療や植え込み型デバイス治療に携わっています。アブレーションでは電気生理学検査による不整脈の解析、スティムレータ―やRF・CRYOアブレーターの操作、CARTO・ENSITEといった3Dマッピングシステムの操作・解析により、治療をサポートしています。
また植え込みデバイス治療では、ペースメーカーやICD・CRTなど各種デバイスの植込み・交換術、外来 follow upでのペースメーカーチェックによる各測定値からデバイスの設定を行っています。

アブレーション治療

植え込みデバイス治療


ページの最初に戻る